アーカイブ
カテゴリー
マニュアルメディスン研究会活動報告

お知らせ

第3回 機能神経学講座

MM研究会&BMB研究会共催

『機能神経学とリハビリテーション』全7回講座

神経学の基礎から臨床そして機能神経学的な応用まで

ニューロ・リハビリテーションと機能神経学のコラボレーション

 

第3回 7月21日(祝月)10時開始~17時まで

 

大脳基底核を中心に運動機能とその障害について

歩行と眼球運動の制御機構

 

講師:阿部 靖 PT(日本リハビリテーション専門学校教師)

 大場 弘.カイロプラクティックドクターDACNB

 

参加費:各回12,000円(当日払い)

お問合せ/お申し込み先は、 マニュアルメディスン研究会機能神経学講座

fn.manualmedicine@gmail.com

Fax. 03-3254-8198

 

会場:(高田馬場)日本リハビリテーション専門学校 イセビル校舎

 

※小脳と大脳基底核は運動機能に関わる二大中枢です。小脳の運動機能を復習しながら、大脳基底核の役割を明らかにします。また、大脳基底核はドーパミン系にくみこまれていますので、多彩な臨床症状をあらわします。脳の奥に鎮座する大脳基底核の機能を、歩行と眼球運動から探る臨床実技も学びましょう。

 

※予告 第4回

9月15日(祝月): 脳幹を中心に、脳神経の臨床検査、大脳皮質機能低下の臨床所見

 

 

 

コメントは受け付けていません。


ページトップへ